Hatena::Groupcside

Cside::StudyMemo このページをアンテナに追加 RSSフィード

メインブログに書くまでもない自分用メモを垂れ流す。日々是勉強也。

カテゴリー

2013-12-16

[]N 日前の YYYYmmdd

date --date '1days ago' +%Y%m%d

2013-12-09

[]lsでファイルサイズ順にソート

ls -lS | head

2013-05-02

[]ポートを使用中のプロセスを調べる

fuser -n tcp 80

2013-04-03

[]netstat(1)

ネットワークの状況を表示する。establishedな接続とかそうじゃない接続がずらずらーっと出てくる。

-r
コンピュータのルーティング(ゲートウェイへの流れ)を表示。
-n
IP アドレスを数値で表示。

[]vi.+(1)

vipw /etc/passwd と /etc/shadow を編集
vigr /etc/group と /etc/gshadow を編集
visudo/etc/sudoers を編集        

[]Linux標準教科書 章末問題の解答例

1章

1. 普段使っているパソコンの、応用ソフトウエアを 3 種類あげてみましょう。

基本ソフトウェア: OSのこと。応用ソフトウェア: アプリケーションソフトウェアのこと。

なのでWord, Excel, Outlookなど。

2. UNIX 系の OS に存在する、2 つの階層をあげてみましょう。

カーネル、ユーザーランド

3. パッケージを導入する利点を 3 つあげてみましょう。
  • インストールされたファイルの管理
  • プログラムのバージョンの管理
  • プログラムの依存性の管理

2章

1. rm -i CCC としたとき、どのように動作しますか?

CCCを削除するが、事前に本当に消すか確認が出る。see rm --help.

2. cp コマンドでファイルを実行したとき、-p オプションの有無で何が変わりますか?

元ファイルの情報を保存する。ユーザ名・属性・更新日時などのファイルの情報を、新しい内容を作成せず、古い情報を保持したままコピーを作成したい場合、 この-p オプションを利用する。

3. ls -lt /etc/と ls -ltr /etc/を行いました。出力形式で何が異なりますか?

-r オプション付きだと /etc/ 配下のDirectoryも再帰的にlsする


3章

1. /etc の中で、a○c という文字列が含まれるファイルを探しなさい。○は 1 文字です。
ls | grep a.c
2. /usr/bin にある、ファイル名が 4 文字であるコマンドを検索する、正規表現を答えてください。

^/usr/bin/.{4}$

3. /usr/bin にあり、x で始まり b で終わるコマンドを表示する、正規表現を答えてください

^/usr/bin/x.*b$


4章

1. sort の-n オプションの意味と、どのようなとき利用するか、説明してください。

数値として並び替える。

2. uniq で利用したファイルで、完全に重複をなくした行を出力するには、どうしたらいいか説明して ください。
uniq filename

6章

1. groupmod コマンドの-g オプションの働きを説明してみましょう。

グループIDを指定する。

2. useradd コマンドの-G オプションの働きを説明してみましょう。

補助(セカンダリ)グループの指定。プロジェクトや部署の掛け持ちなどで、ユーザが複数のグループに所属する場合には-Gオプションを使う。

-g オプションはプライマリグループの指定。

3. パスワードファイルの 7 つの項目を説明してみましょう。

account:password:Uid:GID:GECOS:directory:shell

account
そのシステムでのユーザ名。大文字を含まないようにする。
password
以前はユーザの暗号化されたパスワード、現在は 'x' 。
UID
ユーザ ID 番号。
GID
ユーザが属するプライマリグループ ID 番号。
GECOS(General Electric Comprehensive Operating System)
ユーザ名前またはコメントのフィールド
directory
ユーザの $HOME ディレクトリ。
shell
ログイン時に起動されるユーザのコマンドインタプリタ
4. シャドウファイルの 9 つの項目を説明してみましょう。

account:password:last_changed:may_be_changed:must_be_changed:warned

expires
disabled:reserved
account
ユーザ名
password
暗号化されたパスワード
last_changed
1970 年 1 月 1 日から、最後にパスワードが変更された日までの日数
may_be_changed
パスワードが変更可能となるまでの日数
must_be_changed
パスワードを変更しなくてはならなくなる日までの日数
warned
パスワード有効期限が来る前に、ユーザが警告を受ける日数
expires
パスワード有効期限が過ぎ、アカウントが使用不能になるまでの日数
disabled
1970 年 1 月 1 日からアカウントが使用不能になる日までの日数
reserved
予約フィールド
5. su コマンドに-オプションを付けない場合と付ける場合の違いは何ですか?

つけた場合、スタートアップファイルを読み込んで実行する

6. sudo コマンドの働きを説明してみましょう。

root ユーザの権限で指定されたコマンドを実行する


7章

1. chown コマンドの-R オプションを説明してみましょう。

再帰的に実行

2. chmod コマンドで使われる setuid ビットと setgid ビットを説明してみましょう。

setuid ビットが付いたプログラムは実行すると所有者が実行した場合と同じ。setgid ビットが付いたプログラムは実行すると所有グループが実行した場合と同じ。具体的に書くと、root ユーザ所有のプログラムを一般ユーザで実行すると、root ユーザが実行した場合と同じ動作をする。+sで有効、-sで無効になる。

3. chmod コマンドで使われる sticky ビットを説明してみましょう。

所有者以外が削除できなくなり、実行したプログラムが終了した後も プログラムがメモリに残る。

4. chmod コマンドで使うパーミッションの記述で 8 進数の 740 の意味を説明してましょう。

同一ユーザーは読み書き実行可、同一グループのユーザーはリードオンリー、その他のユーザーは読み書き実行いずれも不可。

5. umask の意味を説明してみましょう。

指定された数字をビット反転させ、作成時に指定されるモードと AND 演算した値が作 られるファイルのモードとなり、3 桁(3 ビット/1 桁)のみが有効。

[]sortでよく使うオプション

-r
逆順で並び替える
-k n
n 列目のデータを並び替える
-n
数値として並び替える

[]traceroute(1) の使いどころ

 traceroute(Windowsでは「tracert」)コマンドは、あるホストから別のホストまでのネットワーク経路をリスト表示するコマンドだ。ここでいう経路とは、ホスト間を接続するルータ(ゲートウェイ)という意味で、経路上にどのようなルータが位置しているかを表示する。

 おもな用途としては、pingでの動作が正常でなかった場合など、表示される経路情報からホスト自身や経路上のルータのルーティング設定が正しいかどうかを確認するために用いられる。また、目的のホストまでのルータのリストから、設置場所が不明なホストのおおまかな場所を推測する、といった用途にも使えるだろう。そのほか、各ルータとのレスポンス時間などの統計値も表示されるので、経路上のボトルネックを探るなどの簡易なネットワーク性能評価にも役立つ。

ネットワークコマンド使い方:traceroute(tracert) 〜ネットワークの経路を調査する - @IT

2012-12-25

[]ポートを使用しているプロセスを調べる

netstat -tanp

2012-12-19

[]ファイル名を一括置換

for filename in `ls`; do mv $filename `echo $filename | sed 's/foo/bar/'`; done;

2012-08-28

[]メモリ消費量順にプロセスをソート

topしてshift + M。

topコマンドでメモリ消費量の順にソートする - Hello, world! - s21g


ps alx --sort user,-rss という方法もあるけど自分は↑してる。

clmemo@aka: Linux でプロセスのメモリー使用量をソート表示する


関係ないけど、psのオプション全然覚えられなくてエイリアス作りまくってる…。

2012-08-01

[]useraddしたときにホームディレクトリに作られるファイル

useradd で -m もしくは --create-home オプション をつけた場合、 /etc/skel 以下のファイルがホームディレクトリに生成される。このスケルトンは -k オプションで指定ができる。


man

-m, --create-home

The user’s home directory will be created if it does not exist. The files contained in SKEL_DIR will be copied to the home directory if the -k option is used, otherwise the files contained in /etc/skel will be used instead. Any directories contained in SKEL_DIR or /etc/skel will be created in the user’s home directory as well. The -k option is only valid in conjunction with the -m option. The default is to not create the directory and to not copy any files.

2012-05-10

[][]あるディレクトリ以下のファイルをタイムスタンプでソート

find の -mtime オプション、自分の環境ではうまく動かなかったので取り急ぎこうした。やり方が悪かったのかもしれない。

$ ls -lt `find . -type f`

2012-02-17

[]ソースからコンパイルしたGitだとBundle Installの際SSLエラーになる

「ソースから入れるの怖い」ってたまに聞くけど、何が怖いのか今まで知らなかった。例えばこういうことがあるのか…。


[]memo